ソーシャルレンディング事業者ガイアファンディング(Gaiafunding Cayman Ltd.)の代表取締役ケルビン・チウ(Kelvin Chiu)が元本を完済するまで追跡するブログです。

********************************************************************** 6000人のライフプランを壊したガイアファンディング代表取締役ケルビン・チウ(Kelvin Chiu/屈 文馨)を追跡するブログです。訴訟前に証拠隠滅されないようにありとあらゆる情報を記録しておきます。
ブログの削除条件は「同時期失した全案件の早期元本完済」
投資家を軽視する犯罪者集団「maneoマーケット株式会社」も訴訟の対象に含む。

ケルビン・チウ氏の隠れ場所を特定した方はどの記事でも構いませんので情報提供にご協力ください。
日本・台湾・米国その他、場所は問いません。いつ時点の情報か、アドレスも含めできるだけ詳細をご連絡ください。 **********************************************************************

謎のファンド「Tyche」立ち上げ

※この記事はレンダータウン掲示板からの情報をもとに調査しています。

ケルビン・チウが率いる謎のファンドが米国で立ち上がった。

ホームページの内容はマネオプラットフォーム以上に簡素なもので、シンプルなHTMLの寄せ集めレベル。事業詳細も記載がなく、リスクが少ないハイリターンを得たければContact us としか書いていない。

f:id:unitedflow000:20190224032930p:plain

tyche

https://tycheincomefund.com/about/

メンバーの顔写真だけずらりと並んでいるところを見ると、ガイアファンディングの全案件期失をカバーするために始めた米国投資家資金の調達活動と推察できる。要は、本格的な会社にするつもりもなく、立ち上げに費やす労力も時間もないから有名どころの顔写真を並べてビジュアルに信用を確保し、コンタクトしてきたクライアントの囲い込みに注力する方法であろう。

ツイッターが開始された時期(2018年9月)からしても、全案件期失の報告直前の動きということで辻褄が合う。とすると、少なくとも9月より前にこうなることは分かっていたのだろう。

f:id:unitedflow000:20190224032949p:plain

tyche_tweet

腹が立つのはこいつらの企業倫理だ。

>Integrity – We take personal responsibility for always acting in the best interests of our >investors

  誠実 - 常に我々の投資家に対するベストな利息を実現する責任を負います。

  ⇒日本で詐欺った直後によくそんなこと言えるな。

 

>Accountability – We do what we say and own the results

  説明責任 - 有言実行、結果に責任を持ちます。

  ⇒有言逃亡、逃げるが勝ちです。の間違いかな?

 

>Transparency – We operate in a completely open manner and we operate for the

>world to see

  透明性 - 完全に開かれた影のない方法・姿勢で行動します。

  ⇒3社介入スキーム秘匿してリスク判断の機会を開示しなかったケルビン

 

>Discipline – We don’t have to be smarter than the rest, we have to be more disciplined >than the rest

  規律統制 - 他より群を抜いて優れている必要はない。他より群を抜いて規律・統  制されていることが重要なのです。

  ⇒寝言は寝て言え。 

f:id:unitedflow000:20190224034519p:plain

corevalues